【体験レビュー】時之栖でグランピング!初心者でもめっちゃ楽しめた!

体験レビュー
スポンサーリンク

こんにちは。アイアン丸です。

先日、初めてのグランピングをしてきまして、想像以上に楽しく、満足度が高かったため体験レビューを書きたいと思います。

参考になれば幸いです。

今回訪れたグランピングはこちら。

静岡県御殿場市の時之栖という大型施設の一角にできたグランピング施設です。

僕は「時之栖」も知らないし、「グランピング」も聞いたことがある程度でしたが、あまり人と密にならない場所に旅行に行きたいと考え、調べていたところ見つけました。

料金は一泊10,000円以下です。かなり手頃です。※平日

そんなお手頃なグランピング施設「OUTDOOR HILL VILLAGE」の体験レビューをお伝えしたいと思います。

まず簡単に今回の体験の結論です。

体験レビューの結論

・初心者でも問題なく楽しめる

・噴水ショーやホタルも見れて最高

・テント内も快適

・季節は気をつけた方が良さそう

それでは詳細をお伝えしていきます。

スポンサーリンク

時之栖のグランピング旅行の流れ

OUTDOOR HILL VILLAGEのグランピング会場

まずは今回の旅行行程を振り返りたいと思います。

・時期 :6月の平日

・天候 :晴れ

時之栖グランピング
  • 13:00
    昼食 さわやかハンバーグ @御殿場IC店

    静岡と言ったら「さわやかハンバーグ」でしょ

  • 14:30
    時之栖 OUTDOOR HILL VILLAGE 到着

    チェックイン

  • 15:00
    時之栖 散策

    思いのほか広い

  • 18:00
    夕食 BBQ

    準備は全てスタッフさんがやってくれます

  • 19:30
    噴水ショー

    想像以上にすごい。

  • 20:00
    ホタル 見れた

    生まれて初めて生のホタル見ました

  • 20:30
    手持ち花火

    久しぶりに花火した

  • 21:30
    天然温泉 りんごの湯

    満点の星空の中でリラックス

  • 23:00
    就寝

    夜は少し寒い


  • 7:00
    起床

    最高に気持ち良い朝

  • 9:00
    朝食

    手作りパン工房でパンを購入

  • 10:00
    チェックアウト

    楽しい時間はあっという間

  • 11:00
    富士サファリパーク

    時之栖から車で30分くらい

  • 13:00
    ランチ

    パーク内で適当に

  • 15:00
    帰路へ

  • 以上

こんな感じで結構充実した一泊二日でした。

ここからは詳細を時系列順にお伝えしていきます。

グランピング旅行 ① さわやかハンバーグで昼食 

さわやかハンバーグ @御殿場IC店

さっそくグランピングが関係なくて申し訳ないんですけど、静岡に旅行の際はぜひ訪れたいということで、載せました。

さわやかハンバーグ@御殿場IC店です。

僕は初めていきましたが、確かに人気の理由がわかる。

牛100%のハンバーグがファミレス価格で楽しめる。

普通のハンバーグとは少し違う感触で、「肉食ってる感」が高め。

待ち時間は30分程度でした。

ただし、土日は何時間も待つので注意が必要です。

過去に、御殿場アウトレットのついでに行った際は驚異の6時間待ちと言われたことがあります。

いや、、昼に行ったのに夕飯になるやん。

グランピング旅行 ② 時之栖 OUTDOOR HILL VILLAGE 到着 

BLUE BERRY LODGEの外見

14:30頃に時之栖のOUTDOOR HILL VILLAGEに到着しました。

チェックインはこのBLUE BERRY LODGEで行います。

見た目が可愛くて綺麗。

BLUE BERRY LODGEの内装

中もオシャレで、真ん中に暖炉?がありました。寒い冬は稼働するのかな?

やたらとサッカーチームの旗が飾ってました。

サッカーコートがあるので合宿地なのかもしれません。

OUTDOOR HILL VILLAGE

少し移動すると、グランピング場がありました。

こちらが本日のメイン。

ちなみにお客さんは僕たちの他に4組ほどいました。

平日ということもあり、空いていましたね。

土日は結構埋まっているみたいです。

T3が我々のテント

簡単な柵で区切られており、なんとなくプライベート感が出てます。

テントとテーブル・パラソルが装備されています。

非常に綺麗です。

テント内

テントの中はこんな感じ。

写真にはベッドが2つしか映っていませんが、

実際は手前にも2つあり、合計4つのベットが完備されています。

また、除菌スプレーと扇風機も置いてありました。

車から荷物を運んだあと、夕飯まで時間があったので周辺を散策しました。

グランピング旅行 ③ 時之栖を散策 

噴水ショーのステージ

テントからすぐの場所に噴水ショーのステージがあります。

夜のショーが楽しみです。

ねぶた?

ドームの中にはねぶたがいました。

星の王子さま

でっかい星の王子さま。

目の前にはキャンプファイヤーができるみたいです。(僕らはやりませんでした)

この砂利の場所では花火をすることもできます。

僕たちもここで夜、手持ち花火を楽しみました。

高台からの景色

グランピング場の下の方には、スローハウスヴィラと呼ばれる宿泊施設があります。

平日だったため、お客さんはあまりいませんでした。

今度はこっちにも泊まってみたい。

スローハウスヴィラ
スローハウスヴィラ

スローハウスヴィラはこんな感じで、1部屋ずつ建物になっています。

ケーキ屋さん

他にも可愛いケーキ屋さんや、

ワイナリー

オシャレなワイナリーもありました。

そんなこんなしている間に夕食の時間が近づいてきたので、

テントに戻ります。

グランピング旅行 ④ 夕食 BBQ 

BBQのマシーン(煙が少なかった)

18:00ごろ、BBQを開始しました。

準備は全てスタッフさんがしてくれました。

自分でやることは、「肉を焼いて、食べる」だけ。最高かよ。

2人分の食材

肉や野菜はもちろん、ピザやパン、パスタまでありました。

結構盛りだくさんなので、お腹はしっかり空かせておきましょう。

BBQの様子

天気も良くて、最高でした。

お腹いっぱいで食べきれないくらいでした。

BBQが終わったら、簡単に片付けをして、あとはスタッフさんにお任せ。

楽々で助かります。

19:30から噴水ショーが始まります。

グランピング旅行 ⑤ 噴水ショー 

圧巻の噴水ショー

正直、舐めていました。

この噴水ショーかなりすごい。

グランピングのおまけにしてはハイレベルで、絶対に見た方がいいです。

圧巻の噴水ショー(動画)

動画には映っていませんが、超上空まで噴水が上がっていく様子は圧巻です。

ぜひ行ってその目で確かめて下さい。

ちなみに、会場には椅子が結構な数ありました。

会場の椅子

休みの日や連休はかなりの人数がくるのかなと思います。

グランピング旅行 ⑥ ほたる鑑賞 

ほたるの栖(昼間に撮影)

なんと、ほたるが見られるということで、噴水ショーの後はこちらにやってきました。

夜は結構暗かったです。

暗くしないとほたるの光が見えないからですかね。

実際に見えたのか?

見えました。しかも結構たくさん。

生まれて初めてほたるを見ましたけど、すごいっすね。

こんな身近に蛍が見られる場所があるなんて。

残念ながら写真はありません。

チャレンジしましたが、全然映りませんでした。

ぜひ現地でみて下さい。

グランピング旅行 ⑦ 手持ち花火 

手持ち花火

ほたるを見た後は、グランピング場に戻って花火をしました。

時間は大体20:30ごろですね。

手持ち花火は久しぶりで、童心に返った気分になれました。

30分程度花火を楽しんだ後は、温泉タイムです。

グランピング旅行 ⑦ 温泉 

林檎の湯(昼間に撮影)

グランピング宿泊者は本来、別の温泉施設(気楽坊に入ることができるのですが、

レジオネラ属菌という菌が基準値以上発生したため、こちらの林檎の湯に変更となりました。

規模は小さくなっているので残念ですが、こちらでも十分リラックスできました。

露天風呂で星空も見えました。

ちなみに、この変更で宿泊料金が500円引きになりました。

この後は、テントに戻って就寝しました。

ベッドもふかふかで気持ち良し。

夜はカエルが合唱していました。笑

グランピング旅行 ⑧ 朝食 

「手作りパン工房」の外

次の日の朝は7:00くらいに目覚めました。

日光でテント内まで明るくなります。

「ほーほけきょ」「カーカー」と鳥の鳴き声が響いています。

朝食は歩いて5分ほどの「手作りパン工房」でパンを食べました。

手作りパン工房

※営業開始は9:00〜なので注意

噂によると、結構人気店らしく、昼間に売り切れちゃう場合もあるんだとか。

美味しくいただきました。

朝食のあとは、チェックアウトの10時までテント内でのんびり過ごしました。

グランピング旅行 ⑨ チェックアウト 

以上で時之栖のグランピングは終了です。

初めてのグランピングでしたが大満足でした。

グランピング旅行 ⑩ 富士サファリパーク 

富士サファリパーク

このあと、近くの富士サファリパークに行きました。

時之栖から車で30分程度でいけるので、お勧めです。

富士サファリパークに行ったらぜひやって欲しいのが、

「ジャングルバス」「スーパージャングルバス」

スーパージャングルバス

ガイド付きで大迫力の餌やり体験ができます。

マイカーでも行けますが、ジャングルバスをお勧めします。

餌やりが一番臨場感ある体験ですし、ガイドさんは、解説だけでなく、隠れた動物や赤ちゃん動物も見つけてくれます。

※ちなみに「スーパージャングルバス」は猛獣がバスの上に乗ってきます。

迫力UP!!

はい!以上が一泊二日のグランピング旅でした。

結構充実した旅になったなと思います。

個人的には大満足で、また行きたいなと思わせてくれました。

時之栖のグランピングのよかった点

次に、時之栖のグランピングOUTDOOR HILL VILLAGEのよかった点をお話ししていきます。

OUTDOOR HILL VILLAGEのよかった点 ① 設備がきれい

BLUE BERRY LODGEの内装

まず、全体的に設備が綺麗でした。

グランピング自体も数年前から始まった施設のようで、

テントやパラソルもまだまだ綺麗でした。

初めてのグランピングなので、あまり古すぎるのはちょっと、、、

という方にもおすすめできる施設です。

OUTDOOR HILL VILLAGEのよかった点 ② 遊べる施設が多い

次に、遊べる施設が多い点です。

グランピングとは言っても、「BBQ以外なにをすればいいの?」

って感じでしたが、行ってみると

噴水ショーやホタル、花火や温泉など、様々な施設で満喫できました。

今回紹介した施設以外にも、テニスコートやアリーナなどの運動施設

釣り堀やアクアリウム、ビール工房やワイン工房もありました。

自分の趣味に合わせて参加してみるのも良いかもしれませんね!

OUTDOOR HILL VILLAGEのよかった点 ③ スタッフさんの対応もGood

明らかに初心者な我々にも丁寧に対応してくださりました。

BBQコンロやライトの付け方が分からない初心者っぷりを発揮しても、優しく教えてくれました

グランピング初心者でも心配せずに楽しめると思います。

OUTDOOR HILL VILLAGEのよかった点 ④ お手軽な価格設定

最後は、価格についてです。

平日は1人9,000円程度で泊まれます。夕食のBBQ付きです。

安い。

※土日の料金は不明(執筆時に予約が全て埋まっており確認できず)

以上がよかった点です。

非常に満足です。

時之栖のグランピングの気になった点

続いて、少し気になった点をお伝えします。

OUTDOOR HILL VILLAGEの気になった点 ① HPではアメニティなどがわかりづらい

公式HP

時之栖グランピングHPはおしゃれでかっこいいんですが、

どんなアメニティがあるのかわかりづらいです。

上記は公式HPの抜粋ですが、

トイレがあることしかわからん、、

バスタオルはあるの?

コンセントはあるの?(キャンプ用電源:ありってスマホとか充電できるの?)

こんな感じでちょっとわかりづらいなと。

電話で聞けば良いんですが、一般サラリーマンは日中は忙しい。

夜中でも見れるHPに書いてもらえるのが一番助かるんですよね。

あ、ちなみにバスタオル、フェイスタオルは完備されていました。

コンセントも2つあって、1つは扇風機に接続されていたので、残りの1つは利用できましたよ。

これ以降は正直OUTDOOR HILL VILLAGEに限った話ではないと思いますが、グランピング初心者として思ったことを書いておきます。

OUTDOOR HILL VILLAGEの気になった点 ② テント内が昼間は暑く、夜は寒い

テント内が予想以上に昼間は暑い。そして夜は寒い。

今回僕は6月にいったので、季節的にちょうど良い方だったと思いますが、

昼間はテント内でじっとしてられないほど暑いですし

夜は布団に入っても顔が少し寒かったです。

ま、これがグランピングの醍醐味とも思いますので、楽しめましたが

もっと暑く、もっと寒かったらきつかったかもしれません。

※冬は暖房が完備されるみたいです

いく季節は気をつけた方が良いかもしれません。

OUTDOOR HILL VILLAGEの気になった点 ③ 虫もいる

これも自然なので当たり前ですが、一応。

時之栖のグランピングはあまり森森してないので、虫が少なかったと思います。

しかし、流石に多少はいます。

苦手な人は覚悟をしましょう。

特に夜のトイレは明るさに引き寄せられてか、ちょくちょく目立つとこにいました。

僕も虫は苦手なので、虫除けスプレーをガッツリ持っていきました。

気になったのはこんくらいですね。

正直、ほとんど不満はありません。それだけ大満足の施設でした。

あ、温泉施設・気楽坊に入れなかったのは残念かな。

時之栖グランピングに持っていくべき物

さて、ここまで時之栖のグランピング施設OUTDOOR HILL VILLAGEについてレビューをしてきました。

最後に、持っていくべきものをまとめましたのでご参考にして下さい。

持っていくべき物

  • 虫除けスプレー

 虫が苦手な人は必須。設備が綺麗とはいえ多少は出ます。

 有効成分が多い(個人調べ)こちらの商品がおすすめ。

Amazon | サラテクト フレッシュミスト 虫よけスプレー [60mL] | サラテクト | 虫除け・忌避用品
サラテクト フレッシュミスト 虫よけスプレー が虫除け・忌避用品ストアでいつでもお買い得。当日お急ぎ便対象商品は、当日お届け可能です。アマゾン配送商品は、通常配送無料(一部除く)。

 僕らはこれを死ぬほど高頻度で掛けまくりました。

 結果、蚊や虫に全く刺されず過ごすことができました。

  • 防寒具

 ウルトラライトダウンなどの防寒具はあったほうが良いと思います。

 夜、花火をやるとき・ほたるを見にいくときは着ないと寒いくらいでした。

  • モバイルバッテリー

 コンセントは1つ空きがありますが、ベットから遠いため、モバイルバッテリーがあった方が何かと便利だと思いました。

家電大好き芸人でもある僕的におすすめはAnkerのこれ。

Amazon | Anker PowerCore Fusion 10000 (9700mAh 20W PD モバイルバッテリー搭載USB充電器) 【コンセント一体型/折りたたみ式プラグ/USB Power Delivery対応/PSE技術基準適合 】 iPhone 12 iPad Air(第4世代) Android その他 各種機器対応 (ブラック) | モバイルバッテリー 通販
Anker PowerCore Fusion 10000 (9700mAh 20W PD モバイルバッテリー搭載USB充電器) 【コンセント一体型/折りたたみ式プラグ/USB Power Delivery対応/PSE技術基準適合 】 iPhone 12 iPad Air(第4世代) Android その他 各種機器対応...

コンセントモード・モバイルバッテリーモードの二役こなせるので、コンセントに刺す充電器をにっていく必要がなくなるのが素晴らしいですね。

  • サングラス

 グランピング場は遮るものが少ないので、サングラスはあった方が良いと思います。

  • 日焼け止め

 上記と同じ理由です。

  • 花火

 最近中々できる場所が少なくなってきたので、せっかくならやりたいですよね。

2人でやるなら火薬量は100gくらい〜が目安かなと。

Amazon | 燃焼時間が長い手持ち花火 スーパーダブルロング花火セット LA-LL 513220 両面花火入り 約50本入り  | 手持ち花火 | おもちゃ
燃焼時間が長い手持ち花火 スーパーダブルロング花火セット LA-LL 513220 両面花火入り 約50本入り が手持ち花火ストアでいつでもお買い得。当日お急ぎ便対象商品は、当日お届け可能です。アマゾン配送商品は、通常配送無料(一部除く)。

これだけあれば十分だと思います。

  • 虫除けキャンドル

 花火をやるときに意外に便利だな〜と感じたのがこれ

Amazon.co.jp: バケツキャンドル連続約20時間花火・キャンプ・アウトドアの必需品線香ロウソク虫除けキャンドル: おもちゃ
Amazon.co.jp: バケツキャンドル連続約20時間花火・キャンプ・アウトドアの必需品線香ロウソク虫除けキャンドル: おもちゃ

虫除け×点火用キャンドル

僕はホームセンターコーナンで購入しましたが、バケツ型が便利だと思います。

風が吹いても火が消えにくいので。

  • チャッカマン

 花火用。100均ので十分です。

  • 部屋着着替え

テント内ではリラックスできるような格好がおすすめです。また、BBQで匂いがつくので、着替えは多めに持っていきましょう。

  • ウェットティッシュ

手洗い場もありますが、テントから数分歩くので

ウェットティッシュは持っていきましょう。

Amazon | シルコット ウェットティッシュ 除菌 アルコールタイプ 99.99除菌 詰替 320枚(40枚×8) | シルコット | 使い捨てクロス
シルコット ウェットティッシュ 除菌 アルコールタイプ 99.99除菌 詰替 320枚(40枚×8)が使い捨てクロスストアでいつでもお買い得。当日お急ぎ便対象商品は、当日お届け可能です。アマゾン配送商品は、通常配送無料(一部除く)。

シルコットのウエットティッシュは1枚1枚取り出せるので気に入ってリピ買いしています。

(安いやつだと、取り出す際に2枚目も出てきたりしません?)

  • 歯ブラシ、歯磨き粉

 設備のアメニティには無いので。

  • 汗拭きシート

 昼間は汗をかくので。

また、持っていったが使わなかったものも参考になると思うので載せておきます。

持っていったが使わなかったもの

  • バスタオル

 アメニティで無料で貸し出してもらえました。

  • フェイスタオル

 バスタオルと同じで貸し出してもらえました。

  • 延長コード

 モバイルバッテリーを持って行ったので出番がほとんどなかった。

以上。ご参考にしていただければ幸いです。

まとめ 初心者でも大満足のグランピングができました!

最高の思い出になった時之栖のグランピング。

またいつか行きたいと思います。

これからグランピングをしようとしている方の参考にされば幸いです。

コメント