【社会人の方も】どんなことにも目標を設定すべき理由 3つ

考え方
スポンサーリンク

こんにちは。アイアン丸です。

今回は「どんなことでも目標を設定すべき理由」についてお話ししようと思います。

みなさん。目標ってあります?

社会人になってからあんまり目標って無くないですか?

僕も学生時代は「次の試験で80点以上取る」「〇〇大学に受かる!」みたいな目標はありました。

しかし、社会人になって、4年目ともなると「なんとなーく」時が過ぎてます。

仕事に行って、帰って、風呂入って、テレビ見て、スマホゲームして、ネットショッピングして、寝る。

これの繰り返し。

いや、最高なんだけどね?

でも、なんだか「これで良いのかな?」「もったいないな」って思うようになって。

そこで、改めて「目標を立てよう」と思ったわけです。

なんで目標を立てようかと思ったかを今回まとめようと思います。

しっかり理由付けすることで、自分にも言い聞かせようという作戦です。

スポンサーリンク

目標を設定するメリット①充実感を得られる

例えば、「2日に1回は筋トレする」という目標を立てたとします。

(「目標」では無く「手段」な気もするが、細かいことは気にしない)

実際に筋トレをすると、「よし!今日もやってやったぜ」と充実感、満足感が得られます。

これだけで日々の生活に活力が湧いてくるんですよね。

何も目標がないと「あ〜今日も終わってしまった、明日も仕事か〜」ってなるんですよ。

でも筋トレをした日は「充実感」を感じながら寝られるんです。

それだけでも気持ち良くないですか?

実際僕も、「リングフィット筋トレ」を続けていますが、

筋トレした日は疲れているはずなのに「充実感・満足感」を感じながら寝られるんです。

目標を設定するメリット②成果が得られる

目標を設定して何かを進めていくと、必ず「成果」が得られます。

例えば、先の筋トレですと、「体重が減った」「痩せた」「かっこよくなった」みたいな感じです。

僕は成果は二の次だと思っていて、どちらかというと「何かをやる」ってことの方が重要だと思ってます。

必ずしも「期待していた成果」が出なくても良いと思ってますが、「何かしら小さくても成果」は出ると思います。目標を設定し、少しでもやっていたら。

ですので、副次的な要素として「成果」が得られる。これも「目標を設定するメリット」だと思います。

目標を設定するメリット③後悔が少ない

目標を設定することで、何かしらに取り組むことになります。

その分時間と労力が必要ですよね。すると、自然に無駄なことを省くようになります。

「無駄なことを省く=有意義な時間の使い方をする=後悔が減る」

というのも後悔は「やれるはずだったのにやらなかった場合に起きる」からです。

例えば、「あー、もっと英会話の勉強してればよかったな」という後悔は、「暇な時間があったにも関わらずやらなかった人」がする後悔で、「有意義な時間を過ごして、日々充実していた人」には訪れない後悔なのです。

なぜなら、有意義な時間を過ごしてきた人は「英会話をする時間」は無かったはずなので、後悔する余地がないからです。

というわけで、「目標を設定すること」は「後悔を少なくする」ことに繋がるってわけです。

こんなかんじで理由を3つ書いてみましたが、良いことだらけでしたね。

僕も頭の中が整理できて良い機会となりました。

ぜひ皆さんもなんでもいいので目標を設定してみてはいかがでしょうか?

アイアン丸
アイアン丸

僕の今月の目標は「毎週2本ブログを投稿する」にしました。

コメント