【2021】楽天証券で最も得する投資信託の設定方法

資産運用
スポンサーリンク

こんにちは~アイアン丸です。

今回は、楽天証券で最大限得する投資信託の設定方法について説明します。

楽天証券は言わずも知れた優秀な証券会社です。

とりあえず迷ったら楽天証券で始めれば問題ないでしょう。

●楽天証券を選ぶ理由はこちら

では、楽天証券でつみたてNISAや投資信託を始める場合、

どんな設定方法にすれば、一番お得に運用できるかをお伝えしたいと思います。

読むべき人

・これから投資信託を始めようと思っている人

・つみたてNISAを始めようと思っている人

・なんとなく投資を始めたけど、自信がない人

まずは結論から

結論

・つみたてNISAは限度額40万円/年で投資する

・残りの資金(5万円まで/月)は特定口座で投資する

 → つみたてNISAで節税+最大限のポイント還元を貰える!

※注意点として、楽天カードで支払う

それでは、順番に説明していきますね。

スポンサーリンク

楽天証券で最も得する方法:事前準備

楽天証券で最もお得にするために、まずは事前準備が必要です。

それは、

・楽天カード

・楽天証券の口座

これらを作ることです。

事前準備①:楽天カードを作る

まずは楽天カードを作りましょう。

楽天カードを使って、楽天証券で投資を行うことで、毎月1%のポイント還元が貰えます。

還元は最大500ポイント/月までなので、毎月50,000円までは1%のポイント還元があるということです。

楽天カード自体も非常に使いやすいカードなので、楽天証券で投資信託を始めるこの機会に作って損はないでしょう。

もちろん年会費は無料です。

つくり方は、こちらのHPから進んでいけば問題なく作成可能です。

【公式】新規入会&利用でポイントプレゼント
街のお店やネットでも使える楽天ポイントを貯めるなら楽天カードで!年会費永年無料。楽天カードの詳細についてはこちらから!

なお、楽天証券・楽天カードの申請から実際に使えるまでは、少し時間が掛かるので、

なるべく早めに申請しておきましょう。

事前準備②:楽天証券で口座を開設する

楽天カードの申請と同時に、楽天証券で口座を開設しましょう。

こちらの公式HPから、指示通り進めば、簡単に口座を開設することができます。

楽天証券 | ネット証券(株・FX・投資信託・確定拠出年金・NISA)
投資信託や確定拠出年金、NISAなら初心者に選ばれる楽天グループの楽天証券。SPUに仲間入りし、ポイント投資で楽天市場のお買い物のポイントが+1倍!取引や残高に応じて楽天ポイントが貯まる、使える楽天証券でおトクに資産形成を始めよう!

登録で迷いそうなポイント

・納税方法:特定口座(源泉徴収あり)

 → 自分で確定申告しなくて良いので楽。初心者はこれでOK。

・NISA口座:つみたてNISA

 → つみたてNISAを前提に以下、話を進めていくので。投資信託であれば、つみたてNISAが無難。

※それぞれ詳しい内容は割愛しますが、調べればご理解いただけると思います。

楽天証券で最も得する方法:つみたてNISA

楽天カードと楽天証券の口座ができたら、準備完了です。

さっそく投資信託を始めましょう。

まずは、つみたてNISA枠を使って投資します。

つみたてNISAとは、税金が掛からずに運用益を得ることができる制度です。(限度額40万円/年)

通常の口座ですと、運用益に対して、約20%の税金が掛かります。

例えば10万円の運用益が出た場合、

・つみたてNISAの口座であれば、そのまま10万円貰える

・通常口座であれば2万円が税金で引かれて8万円だけもらえる

といった感じです。※簡易的な計算です

投資信託をする場合は、まずはつみたてNISAで始めることをおすすめします。

実はつみたてNISAの他に、通常NISAもありますが、投資初心者はつみたてNISAが無難だと思います。

つみたてNISA①:年40万円までを積立投資する

つみたてNISAは年40万円の投資分に対して、運用益の税金がかかりません。

この枠を最大限使って投資信託を運用します。

すなわち、1月~12月に毎月積立投資するとすると、

毎月約33,000円分は運用益に対して税金が掛かりません。

1月から始める人は、

毎月33,000円×12か月=396,000円をつみたてNISAで投資すればOKです。

一方、年の途中からつみたてNISAを始める場合は、増額しましょう。例えば、

2021年4月~始める場合、今年は9か月間の積立期間になるので

毎月44,000円×9か月=399,600円をつみたてNISAで投資すればOKです。

今年の残りの月数に応じて、毎月の金額を調整しましょう。

楽天証券では、つみたてNISAの増額設定が簡単に行えます。

実際の投資銘柄(2021年3月現在)

2021年4月~12月(9か月分)

・eMAXISSlim バランス(8資産均等型):14,400円(11,000円+増額3,400円)

・eMAXIS Slim 全世界株式(オール・カントリー):15,000円(11,000円+増額4,000円)

・eMAXIS Slim 米国株式(S&P500):15,000円(11,000円+増額4,000円)

合計 毎月44,000円 年399,600円 

NISA枠ギリギリまで使う予定です

※あくまで僕の投資先です。自分で納得のいった投資先を選んでくださいね。

また、楽天証券では、毎月50,000円までの投資は1%のポイント還元が貰えます。

上記の場合ですと、毎月44,000円の投資なので、440ポイントが自動的に還元されます。

つみたてNISA②:楽天ポイント投資を1ポイントだけ設定

つみたてNISAの投資先、投資金額を設定したら、楽天ポイントで1ポイントだけ投資に使うように設定しましょう。

そうすることで、楽天市場でのSPUが+1倍になります。

1ポイントにするのは、楽天ポイントはなるべく楽天カード払いに充てるのがお得だからです。

楽天カード支払いに設定しておけば、毎月最大500ポイントが付いてくるので、そのうち1ポイントだけ投資に充てるって感じです。

毎月1日にポイント投資のSPU条件が達成され、自動で毎月SPUが+1倍になる設定が出来上がります。

基本的にはここまででOK。

毎年40万円の投資が一番お得にできる設定が完了しました。

ここからは、更に資金に余裕がある方向けです。

もっと投資に充てられるお金があるよって方は参考にしてください。

楽天証券で最も得する方法:資金に余力がある人

年40万円以上投資できる人は、NISA枠にプラスして、通常の特定口座でも投資信託を行いましょう。

ただし、楽天証券での投資は毎月50,000円までが、ポイント1%還元の対象なので、

つみたてNISA枠と合わせて50,000円までを投資信託に回すのが良いと思います。

例えば

・積立NISAが毎月33,300円なら、50,000ー33,300円=16,700円を特定口座で毎月投資

・積立NISAが毎月44,000円なら、50,000ー44,000円=6,000円を特定口座で毎月投資

といった感じです。

こうすることで、ちょうどポイント還元の限度額50,000円分の投資を楽天証券で行うことができ、

1%の還元を最大限受けることができます。

楽天証券で最も得する方法:注意点

毎月500ポイントの還元を貰うには、楽天カードでの支払いが必須です。必ず、楽天カードで支払うようにしましょう。

余談ですが、楽天証券と楽天銀行のマネーブリッジ設定を行っておくと、楽天銀行の預金の金利が大手銀行の100倍になりますので、こちらもおすすめです。

楽天証券で最も得する方法:まとめ

最後にまとめます。

まとめ

・つみたてNISAは限度額40万円/年で投資する

・残りの資金(5万円まで/月)は特定口座で投資する

・注意点として、楽天カードで支払うべき

こんな感じです。

いかがだったでしょうか?

楽天証券の1%のポイント還元は、他の証券会社にはないメリットですので、

必ず設定したいですね!

参考になれば嬉しいです。

みなさんも楽天証券でお得に投資を始めてみてくださいね!

それでは、また!

コメント