iPhone SE(第2世代)とiPhone 6sの実機比較【外観デザイン・質感・体感】

Apple
スポンサーリンク

こんにちは。アイアン丸です。

本日4月23日、予約していたiPhone SEが届いきました。

早速開封の義を行い、

今まで使っていたiPhone 6sと比較しながら、レビューしたいと思います。

なお、性能、細かいスコア等は他のプロが記事を上げると思うので、

僕は、外観デザイン・質感・体感

について載せようと思います。

※今日まで、iPhone 6sを約4年半使っていたので、非常に楽しみです。

スポンサーリンク

①開封の義

左:iPhone 6s 右:iPhone SE(第二世代)

早速段ボールから開封すると、黄色や緑の背景画像のあるiPhone SEの美しい箱が目に入った。iPhone 6sと比較すると、若干SEの方が箱が大きいことが分かった。

では、実際に開けて、中身を確認する。

白い箱の中身。美しい。

中身はこんな感じ。

やはり開けた瞬間が一番興奮する。笑

ではこれから、実際にiPhone 6sと比較を行っていこう。

②外観の比較

表面 左:iPhone SE(第二世代)右:iPhone 6s

まずは、表面の比較。

大きさはほとんど変わらない。表面の触り心地もほとんど同じ。

今回、色は白→黒にしたが、黒も綺麗でかっこいいですね。

なお、外箱も美しかったのでついでに載せておいた。笑

裏面 左:iPhone SE(第二世代)右:iPhone 6s

裏面の比較。

裏面は結構違いがあった。

①カメラの大きさ:一回り大きくなっている。

②全体のデザイン:ボーダーラインがなくなった。

③Appleのロゴ:中央に移動した。

④iPhoneの表記:無くなった。下の細かい仕様についての表記もなくなった。

⑤素材:アルミ→ガラスになった。手から滑りにくくなったのでGood。

底面 左:iPhone 6s 右:iPhone SE(第二世代)

底面の比較。

①イヤホンジャック:無くなった。

②スピーカーの数:1→2セットになった。(イヤホンジャックが無くなったから)

※iPhone 6sの歴戦の傷跡が汚かったので、モザイク処理しました。

③質感の比較

裏面がアルミからガラスに変更されたことで、滑りにくくなったと感じます。

今まで6sではカバーを付けていないと、手から滑ってしまうことがあったので、この変更は嬉しいですね。

重さも体感ではほぼ同じ感じですね。

④反応性の比較

①Touch IDの反応速度:少し早くなった。(気がする?)

②カメラの起動速度:同じ(笑)

③アプリの起動速度

LINE0.78秒 (6s:1.99秒)で2倍以上速い

Twitter0.99秒 (6s:4.32秒)で4倍以上速い!!

Instagram:0.82秒 (6s:1.33秒)あまり変わらず。

モンスト:1.78秒 (6s:4.75秒)で2.5倍以上速い

アプリの起動時間が鬼早くなりましたね。

この変化はめっちゃ嬉しいです。

LINEとかTwiiterって毎日、何度も使うので、少しでも早くなってくれるだけで、かなりの時間を節約できる気がします。(何度もLINEしてる時点で時間を無駄にしてる気もするがw)

感想

見た目や大きさはほとんど変わりません。しかし、ファーストインプレッションだけでも裏面がガラスになったことによるホールド力アップアプリの起動が圧倒的に速くなったことがわかり、非常に嬉しいです。

これから更にカメラの違いや新しくできるようになったこと(防水、タッチでクレカやSuicaの支払い)等も試していきたいと思います。

iPhone 6sからの買い替えを検討している方の少しでも参考になれば幸いです。

何かご質問等ございましたら、ご気軽にコメント下さい!

問い合わせページからも受け付けています。

それではまた。

アイアン丸

コメント