【一人暮らしの賃貸の選び方】譲らない方が良い条件 5つ・譲っても良い条件 5つ、不要条件 2つ

1人暮らし
スポンサーリンク
悩んでいる人
悩んでいる人

物件選びをしているが、後悔したくない。条件や設備の項目が多すぎて、何を優先して良いかわかりません。

こんなお悩みを解決します。

本記事の内容

・一人暮らしの賃貸の選び方

・譲らない方が良い条件 5つ譲っても良い条件 5つ不要条件 2つ

☆本記事の信頼性

この記事を書いている僕は、ここ数年で3回も引っ越しを経験しました。物件選びを何度もしているうちに、本当に優先するべき物件の条件や設備が分かってきました。今では本当に満足した物件に住むことが出来ています。

賃貸ポータルサイトで物件を選んでいるとき、条件や設備の項目が多く、どれを優先して選んでいいかわからなくなりますよね。

本記事では、

賃貸物件の条件、設備の優先順位

譲らない方が良い条件 5つ

譲っても良い条件 5つ

・不要条件 2つ

とその理由をご紹介しています。

この記事を読むことで、何を優先して賃貸を選んで良いか理解することが出来ますよ。

アイアン丸
アイアン丸

僕の経験は一人暮らしですが、同棲やファミリーの方にも当てはまる考え方や手順だと思いますので、ぜひご参考にしてくださいね。

スポンサーリンク

【一人暮らしの賃貸の選び方】譲らない方が良い条件 5つ・譲っても良い条件 5つ、不要条件 2つ

まず、賃貸ポータルサイトで見られる、物件の条件・設備の項目はこんなかんじです。

家賃、場所(駅、徒歩〇分)、間取り、建物種別、築年数、専有面積、構造、部屋の向き、こだわり条件(バストイレ別、2階以上、駐車場あり、室内洗濯機置場、エアコン付き、オートロック、洗面所独立、ロフト、浴室乾燥機、インターネット無料)

これらを僕の経験から、優先すべき順番にすると、こんな感じです。上から優先度が高く、下に行くほど優先度が下がります。

  • 家賃(まず決める)
  • 場所(駅、徒歩〇分)
  • バス・トイレ別
  • 洗面所独立
  • 2階以上

  • 建物種別・構造
  • 部屋の向き
  • オートロック
  • 浴室乾燥機
  • 宅配ボックス

  • インターネット無料
  • ロフト

※室内洗濯機置き場、エアコンは当たり前に合った方が良いので除外しています

なぜこの優先順位なのか、理由を含めてご説明します。

また、これら上から大きく3つのグループに分けました。

  • 譲らない方が良い「必須条件」 5つ
  • 譲っても良い「妥協条件」 5つ
  • 必要のない「不要条件」 2つ

「必須条件」は出来る限り、自分の希望を通してください。

「妥協条件」は最悪、妥協しても後悔しない条件です。

「不要条件」は、基本的にはチェックを外して検索することをおすすめします。

では、さっそく各項目の説明をしていきます。

※ちなみに「築年数」の項目は入れていません。なぜなら、築年数が古いからと言って、設備が必ずしも古いとは言えないからです。リフォームやリノベーションされている可能性があり、築年数がある程度経っている方が逆に綺麗だったみたいなパターンもあるので、一概に判断できません。

賃貸ポータルサイトでは、希望年数は広く取るか、未入力でOKです。

一人暮らしの賃貸の選び方、譲らない方が良い「必須条件」5つとその理由

一人暮らしの賃貸選びで譲っちゃいけない「必須条件」は全部で5つあります。

また、その①から順に優先度の高いものから挙げています。

理由を含め、実際の僕の経験も交えながら、1つずつ解説していきます。

その①:自分にとって適切な「家賃」

まず譲っちゃいけないのは「家賃」です。自分にとって適切な家賃にしましょう。

高すぎても、安すぎてもダメです。

家賃の目安を決め、それ以上の物件は選ばないようにしましょう。

最初に家賃を設定しておかないと、後で物件を見始めた際に、どんどん魅力的な物件が出てきて、「あと5000円払えば、この家に住めるのか~」などと誘惑に駆られてしまうからです。

ここでしっかり家賃の上限を設定し、これ以上はNGと決めましょう。

家賃が高すぎると、生活費を圧迫し、自由にお金を使えず、生活の質(QOL)が下がってしまいます。

逆に、条件を我慢しすぎて、安すぎる物件にすると、生活に余裕ができますが、余裕が出すぎて「やっぱりもう少しグレードをあげようかな」となり、結局満足できないか、引っ越すはめになります。

具体的には、手取りの3割にしましょう。家賃補助がある場合は、家賃補助分を含めた手取りの3割を目安にしましょう。例えば、基本手取り20万の家賃補助3万だったら、約7万円の物件が目安になります。

アイアン丸
アイアン丸

手取り(家賃補助を含む)の3割くらいの家賃で住んでいますが、ちょうど良い物件を選べたと思います。

必要十分な設備は揃っている一方で、これ以上高いと貯金が少なくなってしまうな、といった感じです。

●家賃の正確な比較方法はこちら

その②:理想の場所(駅、徒歩〇分など)

次に譲っちゃいけない条件は、「物件の場所」です。あなたがどこに住みたいのかをしっかり決めましょう。

物件選びで一番優先すべきポイントは住む場所です。

なぜなら、会社や学校からどれくらいの距離に住むかはQOL(Quality of Life)に直結するからです。

例えば、通勤時間を短くしたいと思っているのに、長時間電車に乗っていたらストレスです。

また、近くにスーパーやコンビニが無いと遠くまで買いに行かなければならず、それもストレスです。逆に、会社に近すぎると、職場の人に会いそうで嫌だって人は少し遠くにした方が良いでしょう。

また、物件の場所というのは、後から努力しても、どうしようもできないポイントだからというのも理由の一つです。

例えば、後で挙げる浴室乾燥機は便利な設備ですが、乾燥機能のあるドラム式洗濯機を買えば代わりにすることができます。

しかし、物件の場所は、どんな家電を買っても動かすことができません。当たり前ですが。

ですので、物件の場所は自分の望む駅や場所にしましょう。

アイアン丸
アイアン丸

駅から徒歩7分で、会社まで20分くらいの物件に住んでいます。場所を最優先に決めただけあって、利便性が最高です。

その③:バス・トイレ別

バス・トイレ別は、ほぼ必須にした方が良いでしょう。

バス・トイレが一緒の部屋にあるユニットバスの物件もあるのですが、僕はバス・トイレ別をおすすめします。

これも、後から変えることができないからです。

ユニットバスだと、お風呂に入ったあと、湿気がすごくなり、トイレに入るのが億劫になります。

また、シャワーの水がどうしてもトイレ側に入ってしまいます。

シャワーカーテンをつければ大丈夫と思うかもしれませんが、中々難しいのが現実です。

例えば、ビジネスホテルなどでユニットバスタイプのお部屋を経験したことがある人はわかると思いますが、結構シャワーの水がは入ってしまいますよね。

さらに、シャワーカーテンは時々洗濯しないとカビが生えてしまうので、家事の負担が増えてしまいます。

アイアン丸
アイアン丸

友人の家はユニットバスでしたが、シャワーカーテンの洗濯が大変そうでした。トイレットペーパーが湿気るとも言ってましたね、、

賃貸ポータルサイトでは、バス・トイレ別にチェックして検索しましょう。

その④:洗面所独立

家賃に余裕があるなら、洗面所独立をおすすめします。

洗面所独立でない場合、よくあるのがバスタブと洗い場の間に小さい洗面所があるタイプ。

あれだと、結局シャワーカーテンをして、バスタブ内で身体を洗うことになり、お風呂場を清潔に保てません。

洗面所独立であれば、風呂場とは完全に切り離されているので、風呂場、洗面所共に清潔に保つことができます。

アイアン丸
アイアン丸

洗面所独立も必須条件にしていました。水回りが清潔に保てないのが嫌すぎました。

洗面所独立にすると+10,000円は覚悟しなければなりませんが、その価値は十分あります

家賃に余裕があるなら、洗面所独立を選びましょう。

その⑤:部屋の階数(2階以上)

さらに余裕があれば、2階以上の物件にしましょう。

理由は2つあって、

1つ目は防犯面。1階は何かと防犯面で弱いです。

入口のドアが外から丸見えなので、特に女性は2階以上が良いでしょう。1階だとベランダに干すことも難しいですしね。

2つ目の理由は、外の世界と切り替えがしっかりできることです。

ちょっと分かりにくいですが、気持ちの問題です。

アイアン丸
アイアン丸

1階の物件を内見した時、なんだか外から地続きで、落ち着かなかったんですよね。この感覚は僕だけかもしれませんが、、。何となくわかる人がいてくれたら嬉しいです。

2つめの理由は置いといて、防犯的な理由からも2階以上をおすすめします。大体1つ階が上になると、+3,000円~5,000円のイメージですね。

はい。以上の5つまでが、譲らない方が良い「必須条件」になります。これらは希望通りの物件に住んだ方が、後悔しないと思います。

続いて、少し優先順位が下がって、予算が足りなければ譲っても良い「妥協条件」を5つ紹介します。

一人暮らしの賃貸の選び方、譲っても良い「妥協条件」5つとその理由

最悪譲っても良い「妥協条件」は全部で5つあります。

その中でも、優先度の高いものから挙げています。

こちらも理由を含め、実際の僕の経験も交えながら、1つずつ解説していきます。

その①:建物種別・構造

建物種別はマンションorアパート。

構造は鉄筋コンクリート造or鉄骨or木造です。

これらは主に遮音性に影響する条件です。

最も防音性能が高いのがマンション×鉄筋コンクリート造で、

最も遮音性能が低いのがアパート×木造です。

予算が許すのであれば、マンション×鉄筋コンクリート造の物件が最高ですが、最悪妥協しても良いと思います。

理由は、防音に関しては周りの住人に寄るので、運が絡んでくるからです。

例えば、鉄筋コンクリート造のマンションに住んだとしても、上下左右の住人がうるさかったら、高い防音性能も意味をなしません。

一方、木造のアパートでも近隣住人が静かな人だったら、たとえ防音性能が低くても問題ありません。

アイアン丸
アイアン丸

ただ、僕は初めて一人暮らししたときは木造のアパートだったのですが、隣の人がゲーマー?で夜も軽く奇声をあげており、我慢なりませんでした。

ですので、それ以降は鉄筋コンクリート造にしようと決意し、今は鉄筋コンクリート造のマンションに住んでいます。

隣人もうるさい人はおらず、満足しています。

ということで、マンション×鉄筋コンクリート造が望ましい。

しかし、運も絡むので、最悪アパート×木造でもOKです。

予算的に厳しければ、妥協を検討しましょう。

その②:部屋の向き

次に最悪譲っても良いのは部屋の向きです。

日当たりに関係する条件ですね。

一般的には、南向き>東向き、西向き>北向きの順で人気で、その分家賃も高いですね。

部屋の向きを譲っても良い理由は、

日中は家にいない時間が長いので、南向きの恩恵を感じにくいからです。

多くの人は日中仕事に行っていて、昼間に部屋にいないですよね。

だいたい、朝は日が出てすぐくらいには家を出て、帰宅時は日が落ちている場合が多いのではないでしょうか。

ですので、部屋の日当たりは優先順位は下げてもOKだと思います。

ただし、在宅ワークがこれからも続く予定の方は日があたる時間に家にいますので、

重視してもいいポイントかもしれません。

逆に、夜勤の方は、北向きをおすすめします。

夜勤で帰ってきた後、家で寝る際、北向きの部屋なら日があまり入らず、寝やすいと思います。

アイアン丸
アイアン丸

僕は部屋の向きを妥協して、北向きの部屋に住んでいます。

その分少し家賃を節約できています。

やはり冬は寒いですが、日中、家にいないので、あまり影響ありません。

が!最近在宅勤務が始まってしまい、日中に家にいることが増えたので、少し光熱費が余計にかかってしまっています。。予想外。

ということで、基本的には部屋の向きは譲ってもOK

ただし、在宅勤務の人は妥協しない方が良さそうです。

その③:オートロック

オートロックもあったら嬉しいけど、最悪無くても大丈夫です。

しっかり戸締りしておけばオートロックが無くても防犯的には問題ありません。

ただし、その場合は2階以上の物件は必須です。

1階でオートロック無しはかなり無防備になるので、その場合は部屋のドアが道に面していないか、外から見えないであれば、ギリ許容範囲かもしれません。

2階以上であれば、オートロックが無くてもそこまで心配しなくても大丈夫です。

不審者もわざわざ2階以上に行くのは、かなりリスクが高いので。

ただ、女性の方でオートロックがあった方が安心だという方は、優先しても良いかもしれません。

「安心」を買えますので。

アイアン丸
アイアン丸

ちなみに僕は、オートロックありの家です。特に希望していなかったのですが、鉄筋コンクリート造のマンションを選んでいたら、自然とオートロックが付いていました。オートロックはあって越したことはないですね。

オートロックはあって越したことはないけど、無くても問題なし。

ただし、2階以上は必須です。

その④:浴室乾燥機

浴室乾燥機もあったら嬉しいけど、最悪無くても大丈夫です。

浴室乾燥機は、外に干す必要が無くなるので、非常に便利です。

部屋干しをしないので、部屋干し臭も気にする必要がありません。

あったら便利です。

しかし、無くても部屋干しで何とかなりますし、扇風機等を活用すれば何とかなります。

更に、僕がおすすめしているドラム式洗濯機を導入すれば、

そもそも洗濯物を干す必要が無いので、浴室乾燥機も重要では無くなります。

アイアン丸
アイアン丸

僕はドラム式洗濯機を使っていますので、浴室乾燥機はたまにしか使いません。ドラム式洗濯機は高いですが、その分に見合っただけの働きをしてくれますので、買って損はしないと思います。

浴室乾燥機はあれば便利だが、妥協できる設備です。

また、ドラム式洗濯機を買うことで、解決可能です。

その⑤:宅配ボックス

宅配ボックスもあったら便利ですね。しかし、無くても大丈夫です。

なぜなら、宅配ボックスは後から、買うことができるからです。

Amazonにはたくさんの種類の宅配ボックスが売られています。

もし、宅配ボックスが無い物件に住んで、やっぱり宅配ボックスが欲しいなと思ったら、

後から買えば解決できます。お値段も数千円で買えます。

アイアン丸
アイアン丸

僕の住んでいる物件には宅配ボックスが付いています。何かと便利ですが、宅配ボックスに入らなかったり、宅配ボックスが埋まっていたりすることが意外にもあるので、完全に万能とは言えないですね。無いよりはある方がもちろん良いですが。

必要になったらあとから追加できます。優先順位は低めでOKです。

はい。以上の5つが、最悪譲っても良い「妥協条件」になります。これらは予算的に厳しいければ、削っても良いと思います。

続いて、最後に、必要のない「不要条件」を2つ紹介します。

一人暮らしの賃貸の選び方、必要のない不要条件2つとその理由

最後に、1人暮らしの賃貸で必要ない、無くて良い条件です。

これは、あるとむしろ良くないかもしれない。そういった設備です。

理由を含め、2つご紹介します。

その①:インターネット無料

インターネット無料。

これは一見すると嬉しいですよね。

ただし、意外に落とし穴かもしれません。

理由は、回線速度です。

これが結構落とし穴で、どんな速度かは、入ってみないとわからないのです。

入ってみて、速さが十分であれば問題ないですが、これはかなり博打です。

「無料なら遅くても、新たに契約すればいいじゃん」と思うかもしれませんが、「インターネット無料=家賃や管理費に込々だよ」ってことです。

遅くて使い物にならないインターネットに結局はお金を払っていることになり、さらに新たに回線を契約するのは損でしかありません。

それなら、元々無料で付いていない物件を選んで、新たに回線を契約する方が確実です。

アイアン丸
アイアン丸

こんだけ言ってますが、僕はインターネット無料の物件に住んでいます

というのも、他の条件が完璧だったからです。

しかし、インターネット無料は回線速度が遅い可能性があることは知っていたので、事前に不動産屋さんに相談し、内見時に試しにWi-Fiを接続させてもらいました。

正直、そこまで速くはなかったのですが、妥協はできる範囲だったので、契約しました。

実際住んでみると、やはり夜は遅さを感じますね。

インターネット無料は回線速度に注意。

可能であれば、内見時に接続させてもらい、速度をチェックしましょう。

※夜の混む時間帯にチェックできるとよりベターです。

その②:ロフト

最後に僕がいらないと思う設備はロフトです。

ロフトで寝ることができて便利とかいう不動産屋さんいますが、

間違いなくロフトに上るの事態がめんどくさくなります。

例えば、メインの部屋+ロフトの場合、ロフトは寝室扱いできるかもと考えるかもしれません。

しかし、わざわざ上るのは面倒だなと思ってしまいます。

また、エアコンの効きも結構重要です。

ロフトは大抵、部屋の上にあります。

夏、エアコンの冷気は下に溜まりますので、ロフトは暑くて寝られないといったことにもなりかねません。

ただ、ロフトはあくまでも物置きと考えればありかもしれません。

頻繁に使うものは置きません。

置くのは、季節もの。

例えば、扇風機やスノボ用品、キャンプグッズなど。

かさ張るけど、頻繁につかわないものは、ロフトに置けるので、ロフトがあると便利かもしれません。

アイアン丸
アイアン丸

僕の部屋にはロフトはありませんが、扇風機やスノボ用品がクローゼットを結構占めていますので、物置としてなら、ロフトはありかなと思います。

基本的にはロフトは不要

ただし、物置専用と割り切れる方はありかもしれません。

はい。以上の2つが、1人暮らしの賃貸で必要ない、無くて良い条件「不要条件」になります。これらは賃貸ポータルサイトでは、チェックをせずに検索しましょう。

まとめ

今回は、一人暮らしの賃貸を選んでいる方に向けて

賃貸の選び方を「条件・設備の優先順位」を通してご紹介しました。

おさらいしておきます。上から優先してください。

  • 家賃(まず決める)
  • 場所(駅、徒歩〇分)
  • バス・トイレ別
  • 洗面所独立
  • 2階以上

  • 建物種別・構造
  • 部屋の向き
  • オートロック
  • 浴室乾燥機
  • 宅配ボックス

  • インターネット無料
  • ロフト

少し長くなってしまいましたが、最後まで読んでくださり、ありがとうございます。

本記事をぜひ参考にして、自分に合った理想の物件を選んでくださいね!

●一人暮らしの賃貸選びの手順についてはこちらから

●さっそく物件をえらんでみる方はこちらから

祝い金がもらえる賃貸情報サイト「キャッシュバック賃貸」

お部屋探しの【DOOR賃貸】入居決定でお祝い金もらえる!

コメント